ヤマイモでうなぎの代わり

ヤマイモでうなぎの代わり

土用の丑の日にヤマイモ

土用の丑の日にヤマイモをぜひおすすめします。

毎年、土用の丑の日が近くなると、スーパーではうなぎがたくさん売っています。

土用の丑の日といえば、うなぎ。

けれども、今回はうなぎのことではなく、土用の丑の日のことと、山のうなぎといわれる「 ヤマイモ 」の豆知識をまとめました。

土用は年に4回ある

陰陽五行説に基づいて土用は決められています。

陰陽五行説とは、すべてのものは「陰・陽」の2つの側面を持ち、「木・火・土・金・水」の5つの要素を根源とするという説のことです。

漢方でも、薬膳でも、食養生でも、この考え方が基本になっています。

春・夏・秋・冬は、それぞれ木・火・金・水と当てはめられています。

春=木性(草木が芽吹く)
夏=火性(日差しが強くて暑い)
秋=金性(空気が澄んでいる)
冬=水性(水のように冷たい)

土性がない!余っていますね。

土には、いろいろなものが混じっています。
有機物も無機物も、最終的にはほとんどのものが土に還ります。
土性には、滅亡と再生を繰り返すという性質があると考えられています。

春から夏に移り変わる間に、土用が入る。

いきなり春から夏には変わらないし、暑くなったり寒くなったり、風や雨、雷が鳴ったり、雹も降れば、雪も降る。

混ざりながら変わっていきます。
その変化が土性、土用の役割です。

四季が変化する間には、全て土用の時期があります。
調整期間ともいえます。

2019年の土用は、以下のとおりです。
冬土用:1月17日~2月3日 
春土用:4月17日~5月5日
夏土用:7月20日~8月7日 
秋土用:10月21日~11月7日 

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。

土用の丑の日

土用の丑の日とは、立秋前の18日間の夏土用の間におとずれる丑の日のことを指します。

土用は毎年違うので、土用の丑の日も毎年変わりますし、年に何回も訪れます。

土用の丑の日といえば夏のイメージが強いですが、立夏・立秋・立冬・立春それぞれに土用があるので、丑の日も当然何回もあるわけです。

年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあります。

いずれにしても、土用の丑の日は「季節の変わり目」で体の変化も大きくなる季節です。

特に、夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しい時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」として大事に過ごしました。

柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復などに効き目があるとされてきました。

土用の丑の日には、あれを食べよう、これを食べようといろいろな風習があるのは、体の調子を崩さないようにするための知恵そのものなのです。

ヤマイモのこと

山に自生するものを「自然薯(じねんじょ)」といい、人工的に栽培されたものには、「長芋」「大和芋」「つくね芋」などがあります。

すりおろせば、「とろろ」として生食できます。

短冊にすれば、シャキシャキとサラダや酢の物、和え物として美味しくいただけます。

ヤマイモは生食がほとんどだと思いますが、加熱すると、ホクホクした旨味のある食感が楽しめます。

バーベキューで焼いたり、野菜いために加えたり、シチューに入れたり、バターでソテーしてもおいしいです。

独特の粘りをもつ ヤマイモ は、中国から伝来しました。

芋類でありながら、でんぷん分解酵素アミラーゼがあり生で食べられます。
粘り気が強く、栄養成分が豊富です。

山芋は滋養強壮・スタミナ食。山のうなぎ。

ヤマイモ の栄養は、山や大地の恵みそのものです。
山のうなぎともいわれています。

江戸時代の「和歌食物本草」では、

「やまのいも 甘く温なり 又は平 腎を補ひ 気力益すなり」

と詠まれています。

ヤマイモ は甘味に属していて、穏やかで体を温める性質があります。腎臓の働きを助けて元気を増します」

という意味です。

痩せたり、覇気がなくなったり、目や耳が悪くなるのは、腎の衰えが原因とされています。

ヤマイモ は甘味に属する野菜なので、脾・胃を補い、腎機能を強化し、生命力を高める効果があるといわれています。

ヤマイモ を干した漢方薬「山薬」は、疲労回復に加えて、免疫力アップ、老化防止、糖尿病の改善などの効果が期待されています。

代表的な料理は「とろろ」ですが、これには麦飯がつきものです。

麦は穀物の中でもとくに薬効が高く、胃腸の働きを整えて、熱を除き、糖尿病を改善するといわれます。

ヤマイモ にも、血糖値を下げる作用がありますので、ダブル効果です。

とろろ

おいしくいただくレシピ

とろろごはん

ヤマイモ にはジアスターゼなどの消化酵素がたくさん含まれているので、40度以上の熱を加えないようにしましょう。

すりおろすと、細胞膜が破れ、さらに酵素が活性化するそうです。

手がかゆくなる場合は、冷凍してからすりおろすとぬめりも気にならず、なめらかに仕上げられるそうです。

カアチャンは、かゆいところにオリーブオイルを塗っています。
すると、かゆみが治まります。

  • ヤマイモ の梅肉和え
  • ヤマイモ の肉じゃが
  • ヤマイモ の梅マヨサラダ
  • ヤマイモ のぬか漬け
  • ヤマイモ と納豆とめかぶの和え物
  • ヤマイモ 入りお好み焼き、 ヤマイモ の天ぷら、 ヤマイモ のバターソテーなど、熱を加える料理もホクホクした食感でおいしいです。

土用の期間に、積極的に ヤマイモ を食べるのも、夏バテ予防になりますよ。

それでは、happyベジタブルな毎日を。