クレソンは鉄分が豊富。抗菌作用と造血作用も。

クレソンは鉄分が豊富。抗菌作用と造血作用も。

クレソンがたくさん自生しているところがあります。

水が湧き出しているところです。葉わさびもたくさん自生しています。

この何日か、新鮮なクレソンと葉わさびをシャキシャキ、モリモリ食べています。

そこで、クレソンの勉強をしました。

クレソンの栄養・効能

クレソンは、辛味・平性の食材です。3月~5月が旬です。

アブラナ科アブラナ属です。

ヨーロッパが原産で、オランダカラシとも呼ばれています。独特な苦さと辛さ、香りがあります。

ピリッとした辛さは、ダイコンにも含まれているシニグリンという成分だそうです。食欲を増進させ、胃もたれなどを防いでくれます。

また、カリウムも豊富で、ナトリウムの排出を促し、高血圧も防ぎます。

血液の酸化防止、赤血球の生成、貧血予防にも効果があるともいわれています。鉄分が豊富だからです。

抗菌作用があるので、お肉の付け合わせによく使われます。タンパク質の代謝を促し、腸内での腐敗を防ぎ、殺菌してくれるそうです。

また、カロテンやカルシウムも豊富なので、美肌や美容にも期待が持てます。生だけでなく茹でてもおいしいので、いろいろな料理に応用できます。

効能のまとめ

  • 食欲増進
  • 胃もたれ予防
  • 高血圧予防
  • 血液の酸化防止、造血、貧血予防
  • 抗菌作用、殺菌作用
クレソン

クレソンをおいしくいただく

コップに水を入れ、クレソンを挿して冷蔵庫に入れておくと2日~3日くらい元気です。毎日水を変えればさらに新鮮な状態で使えます。

生で

シャキシャキとサラダにして食べるのが定番です。

おしゃれなお店で2、3本だけ、お肉に添えてあったり、魚介と和えてあったりしますよね。でも、もし大量にクレソンを手に入れることができたなら、豪快にフレンチドレッシングで合えてモリモリ食べてみてください。

新玉ねぎやきゅうりも一緒に。

そして、ハムやツナや魚介(ホタテやサーモン、エビ)などと一緒に。

茹でて

お浸しにすれば、もっとたくさんの量を食べられますね。

胡麻和えがとても美味しかったです。ということは、ピーナッツ和えでも、クルミ和えでもきっとおいしいはずです。

お味噌汁の具という手もあります。

極めつけは、クレソンと豚肉のしゃぶしゃぶ。クックパッドさんを見て作ってみました。

ほろ苦いクレソンが豚肉を引き立ててくれる美味しいお鍋です(^^)
cookpad.com

炒めて

チャーハンの具にしたり、中華風炒めにしたり。

油との相性がとてもいいです。

ペペロンチーノスパゲティの仕上げに、刻んだクレソンを大量に入れて、軽く炒めると、にんにくの香りとクレソンの香りがふわぁっと漂います。

カルボナーラもおいしい!

鉄分をたくさんいただいて、元気をチャージしちゃいましょう!

それでは、happyベジタブルな毎日をお過ごしくださいませ。