旬のこと、夏へ向けて

旬のこと、夏へ向けて

旬には、3つあることをご存じでしょうか?

「はしりもの」「さかりもの」「なごりもの」の3つです。

はしりもの

「はしりもの」とは、その季節にはじめて収穫され、市場に出回りはじめたもののことです。

畑でいえば、初収穫の時期の野菜です。

日本には初物は縁起がいいという考え方や、新しいものを先取りすることを粋とする文化があります。
「初カツオ」や「鮎解禁」「新茶」「新米」などの「はしりもの」に象徴されています。

お祭り騒ぎになりますよね?

味に関しては、みずみずしさや青くさい味わいを楽しむ野菜もありますが、大体未熟で若いものです。
一方で、値段は初物ですから、価値が上がります。
それでも食べたい、というのが「はしりもの」なのでしょう。

初ガツオ

さかりもの

次に「さかりもの」ですが、つまり旬のもののことです。

スーパーで一番目立つところにどんと積まれていますね。

今はハウス栽培などで一年中食べられる野菜もたくさんあります。

けれども、トマトの夏のさかりの完熟した甘みは、この季節を逃すと味わうことはできません。

収穫量も安定しますから、どんどんできます。
朝昼晩と毎日食べても追いつきません。
今までは、畑で土に還ってもらうしかなかった野菜たちですが、完食サポーターさんのおかげでだいぶ捨てずに済んでいます。

一方、さかりものの野菜の値段はかえって安くなります。
栄養価も最も高くなる時期ですし、さかりものをどんどん食べる食卓は健康的だと思います。

季節にできるものを食べるのが食養生の基本です。

スーパー

なごりもの

3つ目の「なごりもの」ですが、旬も終わりに近づいたもののことです。

野菜なら水分が減り硬くなってくるものもありますが、例えば秋ナスは、コクや深みを感じる味わいを楽しめます。なごりのトマトも味が濃い。

「なごりもの」は、「来年もまた美味しく食べられますように」「また来年もおいしく作れますように」という願いを込めて、名残り惜しみながら感謝の気持ちを持って食べるという、日本人の食文化そのものです。

「おいしいかどうか」ということだけでなく、その季節が訪れ(はしりもの)、盛りを迎え(さかりもの)、そして去っていく(なごりもの)までの季節の移ろいに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

イモムシ農園の野菜も、採れ始めの青っぽさ~採れすぎのおいしさ~固いけど深い味わいと変化していきます。

味わいが違えば、合う料理も違ってきます。
当然、調理方法も工夫が必要です。

なごりもののナスの皮は固いですから、縞模様にピーラーで皮をむいて調理するとか、固くなったさやえんどうは千切りにするとか、切り方が変われば食感も違ってきますよ。

秋ナス

であいもの という粋(イキ)

春、居酒屋さんでよく見かけるのが「若竹煮」。ご存じでしょうか。
春が旬の竹の子と新わかめを炊きあわせて、出てきたばかりの山椒の若芽を添えた春の旬の食材をお皿の上で合わせたものです。

であいものとは、同じ季節に出回る旬の食材で、料理の相性が良い組み合わせのことです。

冬のブリ大根もそうです。
脂がのっておいしくなったブリに、ちょうど同じ時期に採れる大根を組み合わせています。

野菜ボックスの中には、旬の野菜がたくさん入っています。
その季節においしいものと組み合わせて、いろんなであいものレシピにチャレンジしてみてください。

夏へ向けて

夏に向けて、私たちの体は自然界と同じようにエネルギーが高まってきますので、心に負担がかかります。

夏バテ、暑気あたり、熱中症、食欲不振、消化不良、食中毒、冷え、疲労、動機、息切れ、不眠、動脈硬化など、夏に起こりやすい症状をあげました。

暑くなると、汗を出して体の中の余分な熱を外に逃がして体温を調節しなくてはならないのに、汗をかけない体の状態ですと、内側に熱がこもってしまいとても危険な状態になります。

また、水分を採らないまま、汗をかくと、血液がドロドロになり、ミネラル分も不足してしまいます。

汗をかけば体は冷えますが、冷えた体全体に血液が行きわたるように頑張る心臓はフル回転で、疲れやすくなります。

夏へ向けて、体のほてりは冷ましながらも、胃腸は冷やさない食生活をする工夫が必要です。

夏野菜を食べて体のほてりを冷まし、しょうがやしそ、にんにくなどの薬味を添えてお腹の中は温めるようにしましょう。
唐辛子や山椒なども、お腹の中を温めてくれます。

冷たいものを飲むならジンジャーエールにするなど、「体のほてりは冷まし、お腹は温める」のを意識するといいと思います。

猛暑日が何日も続くような夏が当たり前になりつつあります。
梅雨の頃から、足湯や半身浴をして夏へ向けた体の準備をするようにしています。

しっかりと汗がかける体づくりです。

イモムシ農園では、梅干しや梅シロップも、夏を乗り切るための必要なアイテムです。

畑しごとは、早い時間に始めて昼前には終わらせるようにしていますが、それでも暑いときは暑い。

どうぞ、みなさまも、暑い夏を無事に乗り越えられますように。

今年は、マスクをする機会も増えますから!

それでは、happyベジタブルな毎日をお過ごしくださいませ。