育苗記録2021 その4(モリンガのこと)

育苗記録2021 その4(モリンガのこと)

育苗も落ち着いてきました。

室内での育苗も終わり、部屋の中がすっきりしています。

今は玄関前の屋根の下に移動しました。

梅雨入りしたという情報をどこかで耳にし、関東もすっかり梅雨入りしたと思っていたのです。

ところがこの後ずっと晴れて、おや?と思っていました。

そうしたら、トオチャンに「まだ梅雨入りしてねーよ、あほ!」と言われやっと気づきました。

この苗は、育ったら、今植えている野菜が病気になったときの植え替えのために使おうと思います。

モリンガのこと

モリンガという植物を育て始めました。

ワサビノキ科モリンガ属です。

モリンガが吸収する二酸化炭素は一般の植物の約20倍だそうです。

杉の木の50倍というからすごいです。

人ひとり分のCO2排出量(年間約320kg)をたった2本のモリンガで相殺できるとも書いてありました。

もちろん部屋の中の空気もフレッシュできます。

そして、育てることで、地球のためにも少しはなりそうです。

さらに、食べることもできるモリンガ。

300の病に効くと古代インド医学書に記載されています。

「奇跡の木」と呼ばれているそうです。人間に必要な栄養素を90種類以上も含み、地球上で最も栄養価の優れた植物の1つともいわれています。

ミラクルツリーとしてサプリなどで人気のモリンガ。フィリピンのセブ島で実物を見てきました。モリンガはマロンガイといわれ現地のスーパーでも販売されています。加工品の…
lovegreen.net

そのモリンガ、種を蒔いたら4つも育ってしまったので、お譲りすることにしました。

ところが、植え替えにはあまり強くなさそうです。

根が出たところでお譲りするか、根出しできたところでポットに植えて根っこが張り芽が出てからお譲りするか、どちらかがいいかもと思いました。

譲りますツイートをしましたら、予想外にお声がけをいただきましたので、たくさん芽出しすることにしました。種やさんに確認しましたら、苗の譲渡は問題ないとの回答をいただきました(種苗法がらみ)。

ちょうど、野菜ボックスをお届けするタイミングと合いましたので、モリンガを同梱させていただきました。

ちゃんと芽がでますように!