虫にやさしい

虫にやさしい

時々、野菜と一緒にもお届けしてしまうことがあります。

「虫も食わねぇ野菜よりはいいだろう?」

カアチャンが畑で野菜を作り始めた頃に、畑の先生に言われた言葉です。

畑には虫がいます。野菜にも虫がいないとはかぎりません。むしろ、虫が全くいない畑の野菜の方が不自然なのだと教えてくれました。

殺虫剤は使いません

イモムシの農園では殺虫剤は使いません。

土の中の微生物や、畑の虫が死んでしまうからです。

畑では、キャベツがレースみたいな葉っぱにならないように、不織布のトンネルの中で育てています。それでも虫は、トンネルのわずかな隙間からこっそり入って、トンネルの中でムシャムシャ葉っぱを食べています。いつも感心してしまいます。

少し勉強してみると、虫がたかりすぎている野菜は、メタボ野菜なんだということがわかりました。肥料が多すぎて栄養過多になり、弱っている状態です。弱っているから虫がたかるのです。

そうはいっても、大量に同じ虫が発生している場合には、テデトールやテデツブースで対応しています。
(手で取る・手でつぶす)

コンパニオンプランツ、バンカープランツを使って

虫が集まる花を植えておびき寄せたり、モンシロチョウが好きなキャベツの横には、モンシロチョウが嫌いなレタスを植えたりしながら、虫が野菜を全部食べてしまわないようにしています。

お届けした野菜を調理する前には、虫がいないかどうか探すつもりで洗ってください。

もし虫を見つけられないまま茹でてしまっても、たいてい虫は浮かんできます。

お皿に料理を盛り付けた後に虫を見つけてしまったら、つまんでポイしてください。

下ごしらえに手間暇かけたのだから、あとはさっと茹でるだけでもご馳走になります。

虫にもやさしい野菜づくりをしています。