クウシンサイは体を冷やす

クウシンサイは体を冷やす

茎の中が空洞なので、「空芯菜」と名付けられました。

葉にはぬめりがあり、茎は空洞でシャキシャキした歯ごたえを楽しめます。

クウシンサイの栄養・効能

カロテン、ビタミンC、鉄、カリウムなどが豊富な緑黄色野菜です。

特に鉄はほうれん草の倍近く含まれ、貧血予防だけでなく、夏バテの予防や疲労回復にも効果があります。

ベトナムでは、もっともポピュラーな野菜だそうです。

青菜炒めが定番ですが、ゆでたものを麺のようにして食べたり、薬味に使ったり、食感を楽しむサラダや和え物も好まれてるそうです。

暑さに強いので夏に作りやすい野菜です。

薬膳や食養生の分類である五味五性では、甘味・寒性に属する食材です。
旬は7~8月です。

効能を箇条書きにしました。

  • 熱による出血症状の改善
  • 腸を潤して便秘を解消
  • 喉や皮膚の腫れをとる
  • 湿疹の改善
  • むくみをとる

クウシンサイは、体を冷やします。
夏にピッタリな野菜なんです。

漢方では、熱による出血を止めたり、熱を取って炎症や腫れを抑え、便秘を改善する働きがあるといわれています。

そのほかにも、油で炒めると、細胞の若返り、認知症予防、貧血予防になるなど、栄養を上手にいただくことができます。

体を冷やすので、冷え症や下痢の場合には食べ過ぎに注意してください。

また、シュウ酸が気になる方は、茹でてからオイル系のタレやドレッシングで和えることをお勧めします。

クウシンサイをおいしく食べる

クウシンサイとからしマスタードとマヨネーズの和え物

クウシンサイの茎は炒め物、細い茎と葉はサラダという使い分けも面白いです。

ベトナムなど東南アジアでは、空心菜は青菜炒めです。

中華料理ではオイスターソース、タイではナンプラーで味付けするのが定番です。濃い目の味付けでさっと炒めて食べます。

油に唐辛子とニンニクを入れてから、素材を炒めます。

クウシンサイとイカの炒め物

イカと一緒に炒めます。

クウシンサイと干しエビと豚肉の炒め物

干しエビの香りを出して、豚肉をカリッと炒めます。

クウシンサイのピリ辛炒め

鷹の爪、ニンニク、ショウガをたっぷり。

クウシンサイ炒め

それでは、happyベジタブルな毎日を。