初夏の辛味噌を練りました

初夏の辛味噌を練りました

初夏の辛味噌は、やはり「冷やし〇〇あります」というのれんに合う辛味噌を練りたいなぁという気持ちで考えました。

夏は、ミネラルが不足しがちですし、汗をたくさんかくので血液もドロドロ血になりがちです。

そこで、

まず一つ目は、「ひじきとえごまの辛味噌」を練ることにしました。

ひじきは新ひじきを千葉から取り寄せました。

ひじきには、夏バテで不足しがちな「カリウム」が豊富です。

ミネラルがたっぷりで、夏に不足しがちなミネラルをしっかりとれるように辛味噌にしました。

えごまは群馬県産。来年は自分の畑のえごまを使いたいですね。

えごまに多く含まれるオメガ3脂肪酸は、血液をサラサラにし、血管をしなやかにし、血流の流れをスムーズにする効果があるといわれています。

体質の改善や免疫力の向上など、健康にうれしい効能がたくさんつまった食材です。

きゅうりなどの夏野菜、黒酢などと「ひじきとえごまの辛味噌」を和えると火を使わずに簡単に一品できますし、冷やし中華やうどんなどにちょっと載せていただいてもおいしいと思います。

二つ目は、梅干しと生姜です。定番の辛味噌です。

私が漬けた梅干し(3年物)と生姜を合わせます。

梅干しの酸味と生姜と唐辛子の辛味が、夏の体を整えてくれますように。

冷ややっこや豚しゃぶ、バンバンジーの梅風味などのアレンジレシピが楽しめます。

三つ目は、甘酒とゴーヤです。

今年初めての試みです。

砂糖を使わない辛味噌のご要望があり、開発しました。

ゴーヤがたくさん採れる時期に、夏バテ予防の甘酒と一緒に辛味噌を練れたらいいなぁ、

ゴーヤが苦手な方もおいしく食べられるといいなぁと思いました。

通常は辛味噌のベースにはきび砂糖を使いますが、代わりに甘酒を仕込んで使っています。

今回はゴーヤの量が少ないですが、次回からは、たくさん入れたいと思います。

今回は、砂糖なしの辛味噌のやわらかい甘味を味わってもらえたら嬉しいです。

唐辛子の辛味とゴーヤの苦味、甘酒の効能が夏バテを予防してくれますように。

どの辛味噌もベースに玉ねぎとリンゴを使っています。

辛味噌への思いなどは、こちらの記事をご覧になってください!

春の辛味噌を練ります
今回辛味噌を練るにあたって考えたことについて書きたいと思います。
imomushinouen.shop

準備は3年計画。自分たちで小屋を建てて……淡々と黙々と気長に進めています。

季節に応じた辛味噌、その食材を畑で作ることなど、皆さまのお声を聞きながら検証し準備しています。

辛味噌は2ケ1セット、クリックポストでのお届けが基本です。送料は発払いです。

メルカリは手数料込みで1500円、イオン振込みは1300円(手数料別)で考えています。

クリックポストの封筒には辛味噌を4ケ入れることができますので、3ケまとめてお届けの場合は2000円、4ケまとめてお届けの場合は2500円です。

野菜ボックスと一緒にお届けする場合は、1ケ500円で考えています。

ご入用の方は、ツイッターのDM、こちらのお問い合わせ等からどうぞお声がけくださいませ。