春野菜の育苗をしています

春野菜の育苗をしています

今日は雪なのですが、3月1日頃から春野菜の育苗をしています。

今年は、洗濯干し場に棚を置きました。

棚に付属されていたビニールカバーで周りを覆って、冷気が新芽に当たらないようにしました。

床にはホットマット(育苗用)を敷いて、寒い日でもビニールカバーの中がほんのりと暖かくなるようにしています。

今年は、F1のタネだけではなく、固定種や在来種のタネも入手しましたので、育苗トレーで蒔いてみました。まだ、この土地に慣れていないので、かなり暴れると思うのですが、ちょっと楽しみです。

ある程度、暖かくなってから、畑に移植する予定です。

サカタのタネで売っている、ジフィーセブンというタネ蒔き用の「ポット兼培養土の塊」を使ってみました。このまま土に植えられるという代物で、根を傷めずに移植できるので評判がいいです。

しかも、育苗中も土が乾きにくいので、水やりの手間が省ける分、ちょっと長い時間出かけることもできます。

うまくいくかどうか、まだわかりませんが・・・。

ヒートマットのおかげか、芽が揃って出ました。

雪が降っていて、3月は寒の戻りのようですが、着々と苗は育っています。

毎年、育苗は失敗しています。

苗が徒長しすぎてしまうのです。今年の方法がうまくいくかどうか・・・。

タネ・苗のきほんを今一度勉強するために、本を何冊か買ったので、今日は外仕事もできませんし、読んでみたいと思います。