夏は胃腸を整え、冷えすぎを防ぐ。カリフラワーとカレー粉は相性がいい。

夏は胃腸を整え、冷えすぎを防ぐ。カリフラワーとカレー粉は相性がいい。

暑くなったり、寒くなったり。

この数日、梅雨寒が続いています。

体調を崩したりしていませんか?暑い夏のために、体をしっかりと整えておきたいですね。

湿気と暑さ

夏

夏は、異常なまでの暑さと湿度のせいで、冷たいものをたくさんとってしまいがちです。

特に梅雨時期は、胃腸内の水分と外気の湿気が合わさって、体内の湿度がぐんと高まってしまう季節です。

体内の湿度が高まり過ぎると、胃腸が弱まり、消化不良や食欲不振、下痢、だるさなどの胃腸の問題を抱えやすくなります。

いわゆる夏バテです。

また、湿気は、余分な体液やリンパ液の流れを滞らせ、筋肉や関節の冷え、むくみやだるさ、痛みを引き起こします。

汗をかいてべたべたした皮膚に、長い間クーラーの冷気をあててしまうと、両手両足がだるくなってしまうことはありませんか?

足のつり、関節痛、腰痛、首の寝違えなどは、湿気が悪さをしていることがほとんどです。

さらに、室内と室外の温度差が激しいので、体温調節をする自律神経が疲れて乱れてきます。

低血圧、頭痛、めまい、しびれ、だるさなどのクーラー病は、この時期に起きやすいそうです。

季節の変わり目は、体の変化も激しくなります。

冷たいものをたくさん飲んで体を冷やすよりも、体内の熱を冷ますこと、冷やし過ぎないことを大切にして、今年も暑い夏を乗り切りましょう。

夏に摂りたい食材

体の熱を冷ます食材は、苦味。

夏に調子を崩しやすい胃腸を整える食材は、甘味。

苦みの代表は、ゴーヤとごぼうです。

甘味の代表は、すいか、きゅうり、トマト、なす。実はカリフラワーも甘味の食材です。

どれも、寒性、涼性の性質を持っています。

バランスを整えるために、辛味の食材を添えましょう。辛味といえば、薬味です。

胃腸の冷えを防ぐ薬味

暑い夏、もはやどこに行ってもエアコンが完備されていて、外からも内からも冷やし過ぎてしまって、胃腸の働きが悪くなってしまいがちです。

しょうが、にら、ねぎ、七味唐辛子、しそ、カレー粉、山椒など、体を温める薬味をプラスして、バランスを整えましょう。

ネギ

カリフラワーの栄養・効能

カリフラワーはキャベツの仲間です。

野性のキャベツを品種改良したもので、現在の姿になったのは19世紀の始めといわれています。

アブラナ科の野菜に含まれるイソチオシアネートには、免疫機能を高め、ガンの発生を抑える効果があるといわれています。細胞と細胞をつなぐ接着剤の役目をして、発ガン物質の活性を阻害してくれるそうです。

また、ビタミンCが豊富で、疲労回復や美肌作りに欠かせません。ビタミンCはウイルスに対抗する栄養素ですが、みかんよりも豊富です。風邪などの感染症を予防してくれます。茎にもビタミンCが豊富なので、捨てずに食べてくださいね。

薬膳や食養生では、肝・脾・胃・腎を補い、胃もたれや胃腸虚弱を改善したり、筋骨を強化する食材とされています。血液のめぐりをよくし、肝の働きを補い、免疫力を高める白血球を活性化して、抵抗力も高めます。

カリフラワー

カリフラワーをおいしくいただく

おいしく茹でる

カリフラワーを茹でるときに、小麦粉を水で溶いたものをお湯に加えるとふっくら仕上がります。

小麦粉をお湯に入れると沸点が上がります。

短時間で茹で上がるだけでなく、表面をコートすることでうまみを逃がしません。アクもとってくれます。

短時間で茹でられるのでビタミンCの損失も抑えられます。

茹で湯にレモンや酢を加えると、より白く仕上がるので、試してみてください。

カリフラワー

カレー味のレシピ

甘味のカリフラワーと辛味のカレー粉。合わせたレシピを集めました。

お友達に教えてもらったレシピ。カリフラワーをとっても美味しく食べれちゃいます。教えてもらったカレー粉の量では強い辛味がないので、小さなお子さんでも食べれます。私…
cookpad.com
手作りひよこ豆の水煮とナンで作るとより美味しいです! ナンは1489053を、ひよこ豆は3750069を参考にしました。
cookpad.com
カリフラワーをたっぷり食べたいときにオススメ。スパイスの風味に箸がすすみます。
cookpad.com
オレンジページ「オレンジページCooking 2012年秋号 こってり系鮭おかず特集」掲載。ほくっとしたカリフラワーと、ぷりぷりのえびの食感が最高! 具を炒める…
cookpad.com

いろいろ作ったら、ギャラリーに載せますので、よかったらのぞいてみてください。

ギャラリー
イモムシ農園の野菜で作ったお料理の数々 お届けしている方が作ったもの、イモムシ農園のカアチャンが作ったもの。 たくさんの微生物や植物、動物たちの力でできた野菜た…
imomushinouen.shop

それでは、happyベジタブルな毎日をお過ごしくださいませ。